結局は信頼なのかもしれない

どんな規模であれ、政治家の人たちは「なんでなろうと思ったのだろう?」とよく思います。実家がそのような環境だったならば、その流れでなろうと思ったのかもしれません。それ以外でも出馬をして当選している人も多いですが、心配性なので「次の選挙に落ちたら無職になるんでしょ?」と思ってしまいます。

なので政治家になることは考えたこともありません。
国会議員や総理大臣が思い切ったプランを国民に提案してもなかなか受け入れられないことが最近多いです。

それは、きっとプラン自体がいいとか悪いとかよりもそれ以前にやろうとしている政治家に信頼がないのだろうと思います。逆にとんでもないプランでも「この人が言うならいいかな」という場合も過去にあったりして、よくわからない世界です。