飛行機への思いについて

子供の頃は飛行機はとても夢のある乗り物だと思っていました。パイロットも客室乗務員の方々もカッコよく見えて、ほかの交通手段とは別のある種憧れがありました。
空を飛んで遠くに行くというのにもロマンを感じていて、実際に初めて乗った時のこともよく覚えています。

ただ、大人になってもまだ抜けないのが飛行機が落ちるんじゃないかという不安です。周りを見渡してみると、みんな平然と乗っているので特に気にしていないと思われます。

ちょっと揺れただけでもビクッとしてしまったり、離陸と着陸時には勝手に緊張しています。なかなかこれは抜けません。
飛行機に乗ることはこれからもあるので、なるべく飛んでいる時には楽しみたいとは思っています。